fc2ブログ

明日は通院日

1645799832709.jpg
小太郎、元気です。
病気、治っちゃったんじゃないの?って錯覚するぐらい。

私が外出の用意始めると、ピタッとくっついて(笑)
病院行くしかしてなかったのに、
車に乗る前に少しだけお散歩(ちっこ済ませる)してただけなのに、
かーちゃん、かーちゃん、激しくストーカー。
なぜか、(アレルギー対応の)くるみのフードしか食べなかったのが、
自分のフードも食べるようになった。
カリカリフード食べるようになったから、お水もしっかり飲むし、
そうするとちっこもちゃんと出る^^
食べてるから足腰シャンとして歩くこともできるし、
歩くから足のむくみもとれる。

この状態になったのが18日頃。
土日、一緒に過ごして・・体調良さそうなのを確認。
23日、点滴のルート外してもらいに病院。
院長先生から、
「腫瘍、小さくなってるんですよ♪」と。
副作用激しかっただけあるね、
その分、癌にもしっかり効いてた。
直腸を圧迫気味だったのが、小さくなったことで💩もするんって出る。
ご飯も食べれるようになって体力も戻ってきた。

院長先生から提案された今後のこと。
①前回より弱めの抗がん剤を点滴で入れる
②前回と同じ強い抗がん剤をもう一度使う
③積極的な治療はしない、緩和ケア
どうしようか。
お嬢は、

ちらちら希望が見えると欲が出ちゃうのが嫌だわ
できる限り長く一緒にいたいと思う
治療してもらう方向でもいいんじゃないかな

って。
効く確率が50%と言われてた②の抗がん剤、
①の抗がん剤の効く確率は20%なんだって。
効き目がなくて、副作用だけ出たらかわいそうだなぁと思う反面、
もしかしたら、またしっかり効いてくれて、
一緒にいる時間が延びるんじゃないか、とかも考えちゃう。
選ばなかった方を、後々思い出して後悔するのは飼い主あるあるだよね。

こたが苦しい思いするのはいやだ
少しでも長く一緒にいたい
これだけを先生に伝えてみる。
結局、その場で判断するのは私だ。
厳しいな。

locomiさんから小太郎におやつをいただいた。

IMG_20220226_000409_297.jpg
ばくばく食べてるよ^^
locomiさん、ありがとう( *¯ ꒳¯*)

「動く」のはインスタにUPしてあるよ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

risamama

Author:risamama
ビーグル3わん
VIVI(2006.4.2生♀-2019.10.13お空組13才)
LAVI(2006.7.6生♀-2020.11.14お空組14才)
小太郎(2012.12.8生♂-2022.7.16お空組9才)

ポメラニアン&シーズー MIX
くるみ(2014.3.27生♀)のmamaです。

最新記事
最新コメント
いらっしゃいませ♪
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる